2018年10月09日

出雲大社に三重塔?(2)

 出雲大社に参詣する方法には、一畑電車を利用する以外に、JR大社線を利用する方法があった。出雲市駅から直通で大社駅まで結んでいたのだから、一畑電車と違って乗り換えが必要なかったのに、なぜ廃止されてしまったのだろう。
「大社駅は立派な建物だから、今でも残っているんだよ」
 それを話すと、友人は先に見に行きたいと言った。あとにすると、行くのを忘れてしまうからというのだ。そこで、まず大社駅に向かうことにした。出雲大社とは反対の方向である。しかし、行けども行けども、大社駅は現れてこない。
 ようやく、向こうに標識が見えてきた。大社駅は出雲大社に参拝するために作られた駅で、駅舎その物に歴史的建造物といった風格がある。残された駅舎は、1924年(大正13)に竣工された二代目。ちょっと見ると、道後温泉の建物に似ている。
 内部の切符売り場も、堂々とした出窓の造りで、急行用にホームも長く、改札口の数も多い。まさか廃駅になるとは考えなかったんだろう。京阪からの直通運転がなくなり、一畑電車の出雲大社駅より遠いことが、生き残れなかった原因だろう。
 旧大社駅前のそば屋に入った。三段重ねの割子そばを注文した。生卵と、とろろ、大根おろしとかつおぶしの三種類が楽しめる。そばつゆは濃いめで甘い。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:21| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: