2018年10月05日

シリカシンターとは何か

 東日本大震災以来、内部被曝を危惧する声が高まっている。セシウムなどは検査されていると言うが、ストロンチウムに関しては何もされていない。ストロンチウムはカルシウムと構造が似ており、体に取り込まれると骨の中から放射線を出し続けるという。トリチウムに関しては、水と一体化してしまい、分離することが困難だと言われる。
 内部被曝の影響を少なくするには、重曹によるうがいなどが有効らしいが、最近、シリカシンターが注目を浴びるようになった。ケイ素溶出セラミックの別名で、鉱物の一種であり、微量を摂取すると解毒作用がある。栄養素としてのシリカは、玄米やほうれん草、麦、ジャガイモ、バナナなどに含まれる。
 粒状の石は水に浸して一晩おき、ミネラルウォーターにして飲用する。僕は粉末状の物を購入した。微量を水に溶くと、白濁した泥水みたいになる。味はほとんどないが、ちょっと口の中がざらっとする。コーヒーに混ぜて飲むとほとんど気にならない。飲んで少しすると、消化器が刺激される。解毒作用なのか排泄が促されて、体内の老廃物がすっかり排出される。
 これには発毛作用もあるらしい。半信半疑で 微量を水で溶いて頭頂や生え際に塗る。しばらくすると、頭皮の血行が良くなり、ほんのり暖かみを感じる。まあ、実際に効果があるかどうかは、数ヶ月続けなければ分からないが。

追記

 シリカシンターの効果で一番うれしいのは、頭の回転が早くなったこと。人の顔を思い浮かべると、すぐに名前を思い出せるようになったこと。今までは霞がかかって、隔靴掻痒という感じだったのに。あとは、自転車でゆるい坂になると、すぐに降りていたのが、以前のようにぐいぐい上れるようになったことかな。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

 
posted by 高野敦志 at 02:13| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: