2018年10月03日

野球チームの結成

 政治家が野球チームを結成した。監督はおじいちゃん子の老人で、意味不明なことを口走るので、チームの先行きは危ぶまれた。案の定、チームが反則して審判から指摘されても、スポンサーの力で握りつぶそうとした。それを記事にした新聞社は、潰してやるという脅迫を受けた。
 ある試合では、9回裏になっても点数が入らず、無得点のまま「道なかば」と言い続けて、観客がいなくても試合は続けられた。そこで、試合中にごり押しでゲームのルールが変更された。
 ところが、アメリカチームとの対戦になると、わざと負けて大敗してしまった。何か裏があるんだろうと、新聞記者が球場の裏に回ると、老人の監督はアメリカの監督の前で震えていた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:21| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: