2018年09月21日

MQA-CDの空間再現性について

 昨日はMQA-CDをヘッドフォンで聴くことを勧めたが、改めて聴き比べてみると、数年前のソニーのヘッドフォンと、昨年買ったパナソニックのイヤフォンでは、最新の技術によるためか、後者の方に軍配が上がると感じた。
 確かに、ヘッドフォンだと振動がはっきり体に伝わってくるのだが、解像度の点では劣る気がした。それほど、パナソニックのHDE3Mは、「バランスに優れた奥行きのある解像感」と銘打つだけのことがあるのだ。店頭で9000円で売っていたが、Amazonでは5000円で買える。楽器の音を忠実に再現するので、クラシックやジャズに向いている。
 同じMQA-CDでも、マスターテープの録音状態や、楽器の種類によって空間再現性に差が出てくる。ピアノやギターは生々しく、ドラムの迫力には圧倒され、ボーカルの息づかいも目に見えるようなのだが、サックスやトランペットの響き渡る空気感には痺れてしまう。ジャズで特に気に入っているのは、キャノンボール・アダレイの《サムシン・エルス》と、リー・モーガンの《キャンディ》。生演奏でなければ聞けない音を再現しているので、ユニバーサルミュージックには、ぜひジャズの第2弾も出してもらいたい。個人的な希望としては、アート・ペッパーやソニー・スティットのMQA-CD版をお願いしたい。
 あと、購入する上で気をつけるべきなのは、MQA-CDを検索すると、通常のCDも一緒に出てきてしまい、しかも値段が同じだったりするので、誤って購入する恐れがあるという点だ。この超絶的な高音質は、サンプリング周波数352.8KHzと、UltimateHQCDという高級な素材によるのだから。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:51| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: