2018年09月10日

Cannonball Adderleyの《Somethin' Else 》

 マイルス・デイビスのグループに参加していたキャノンボール・アダレイが出した初期のアルバムで、リーダーは実質的にはマイルス・デイビスである。マイルス・デイビスははコロムビア・レコードと契約していたため、ブルーノートから出すために、キャノンボール・アダレイをリーダーに据えたというのが実態だが、先輩であるマイルス・デイビスが、後輩のデビューのために力を貸してやったという意味もあるのだろう。ピアノでハンク・ジョーンズ、ドラムでアート・ブレーキーが参加している。
冒頭はジャズのスタンダードとして余りにも有名なAutumn Leavesである。アルバムをヒットさせるには、スタンダードを組み込むことが重要だ。ジャズのファンは、よく知っている曲がどのように料理されるか、アレンジを楽しむことが多いからだ。この曲はマイルス・デイビスがトランペットで、《Kind of of Blue》で見られる渋い響きのまま、哀切を込めた演奏をしている。寄り添うようなキャノンボール・アダレイのサックスも美しいが、あくまでもトランペットの引き立て役に徹している。
 2曲目はLove For Sale。扇情的なタイトルのスタンダードで、ロマンチックなハンク・ジョーズのピアノの後、マイルス・デイビスのトランペットが、前曲に続いてメロディアスな演奏をする。キャノンボール・アダレイの即興的なサックスをはさんで、トランペットのメロディーで終わる。
 3曲目は表題曲のSomethin' Else。それまでのスタンダードで、おとなしかったマイルス・デイビスが、のびやかで想像力豊かな演奏をしている。メロディーにとらわれず、即興的にイメージを広げることで、キャノンボール・アダレイと実力を競い合っている。これなどは、サックスのチャーリー・パーカー、トランペットのディジー・ガレスピーによる《Bird and Diz》を思わせる。掛け合いによる相乗効果がよく出ている。
 4曲目のOne For Daddy-Oは、ニヒルな感じの曲。前曲があまりに素晴らしいため、マイペースな印象を受ける。マイルス・デイビスもキャノンボール・アダレイも味のある演奏をしているが、気の張らないくつろげる雰囲気を醸し出している。
 5曲目のDancing In The Darkは、チャーリー・パーカーの演奏をよく聴いたものだが、ここではキャノンボール・アドレイが、ゆったりと濃厚な魅力を見せつけている。締めはおまえがやれとマイルス・デイビスに言われ、有無を言わさぬ力強い響きで、パーカーとは異なる男性的な世界を展開している。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:22| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: