2018年09月08日

ミニパソコンの容量がいっぱいの場合

 Windows10になってから、Windows Updateのファイルが大きくなり、32ギガ程度しかCドライブがないパソコンは、ハードの余裕がなくなった。
 外付けのSDカードを擬似的にDドライブにする方法は、以下のページ(http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1702/06/news154.html)を参照した。そこにできる限りソフトウェアを移動したり、不要なファイルを消しまくったりしたが、どうしようもなくなった。それで放置していたわけだが、解決できるかもしれない方法がまだ残っている。
 Windows Updateを実行する際、Windowsは空き容量を計測するのだが、USBメモリを挿入しておくと、それも空き容量に換算してくれて、ファイルのダウンロードが可能となるのである。僕の場合はうまくいったが、インストールする容量が足りなければ、やはり失敗する。まあ、不具合が生じる恐れもあるので、実験する際は自己責任で行ってほしい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 23:43| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: