2018年09月01日

John Coltraneの《Live In Stockholm,1961》

 スタジオとライブの録音では、同じアーティストの演奏でもかなり違う。スタジオでは録音状態がよく、いくつか録音したうちの、最も良いテイクがアルバムに収録される。
 一方、ライブの場合、周囲の音が入ってしまうし、必ずしも録音に適した会場とは限らない。ただ、それが場面の熱気も伝えることになるのだが。
 アーティストによっては、会場の反応が演奏に影響する。即興演奏が多いジャズの場合には、高揚した状態では神が降臨したような、素晴らしい演奏になることがある。さらに、力の上で競合するアーティストが参加すると、奇蹟的な音空間が出現する。
 コルトレーンには《My Favourite Things》というアルバムがあり、同じメロディーを変奏しながら盛り上げていく点で、クラシックならラヴェル作曲のボレロを連想させる。一般に知られたこのアルバムも悪くないのだが、コルトレーンの執拗さが、人によっては単調さに感じられるかもしれない。
 同じ題名の曲を、コルトレーンはライブでも演奏しており、特に1961年にストックホルムで、エリック・ドルフィーと共演しているものが、今回お勧めしたいアルバムである。録音状態は必ずしも良くないが、コルトレーンの演奏は乗りに乗っている。単調さは感じられず、呪術的な力で会場を圧倒しながら、絶頂に向かってひた走っていく。
 絶頂に達した瞬間、コルトレーンに代わってドルフィーのフルートが、同じメロディーを天上の音楽のように、変幻自在に奏でていく。こんな素晴らしいドルフィーの演奏は、僕は他に知らない。ほとんど神懸かっている。もう息を呑むばかりで、呼吸をするのを忘れてしまいそうである。
 僕はかなり前、このライブ演奏をmp3でダウンロードした。演奏の素晴らしさに感動したが、音の状態が余りよくないと思った。最近、ジャズ喫茶でそれを聴いて打ち震えた。早速、CDがほしくなった。以前調べたとき、中古で15000円で売っていた。ところが、その夜に限って、1500円で売っているのを見つけた。届いて聴いてみると、やはりCDの音は違った。魂がこもっている。mp3なんか所詮、メロディーが聞こえるだけの張り子に過ぎない。
 このアルバムには、ライブ盤のBlue Train、Naima、Impressionsも収録されている。いずれも、スタジオ録音よりも、自由に想像力を巡らした、最高の演奏だった。mp3で聞いた時にはそれに気づかなかった。こんな素晴らしいアルバムがなぜ廃盤となっているのか。また、リマスターしてハイレゾで聴けたら、さらに感動が高まるだろうに。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 05:08| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: