2018年08月31日

島でなくても桜島(9)

 再びフェリーに乗って、桜島ユースホステルに戻ってきた。親しくなったスイス人の若者と、言葉や文化について話した。「とてもいい辞書なんだ」と言いながら、英語で説明された漢字辞典を見せてくれた。当時はまだスマホは登場していなかったから、外国人も紙の辞書を使っていた。
 漢字辞典には、音訓引きと部首引き、総画数引きがあるが、外国人用の辞書はもっぱら総画数引きになっていた。スマホなら書き順など分からなくても、画面にただ書くだけで文字が認識されるのだが。当時の欧米人にとっては、漢字を調べるだけでも難行苦行だったのだ。
 話は言葉から、文化の問題に移っていった。侵略された国の民衆は、ナショナリストになりやすい、と僕が言うと、彼は「ナショナリストには二つある」と説明してくれた。
「一つはネオナチや、スキンヘッドやってるような人間。もう一つは、自分の国を愛している人間だよ。小さな国は守るために、自分の国を鎖さなければならない。アメリカの小さな部族なんかは、周囲から影響を受けたら、自分たちの文化を失ってしまうからね」
 彼はスイス人でプロテスタントだが、自分たちがそう呼ばれるのを好まない。protest(抗議する)は良くないから、reformist(改革派)と呼ぶのだそうだ。カトリックに関しては批判的で、家の宗教として慣習の形で守っているに過ぎないと答えた。彼は宗教の表面的な違いより、通底するものの方に関心を持っていた。
「本当は宗教の違いなんか関係ないんだ。キリスト教でも、仏教でも、イスラム教でも」(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:41| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: