2018年06月12日

喜多郎の《シルクロード》

 NHK特集『シルクロード 絲綢之路』は1980年4月から1年間放送された。石坂浩二のナレーションとともに背景に流されたのが、喜多郎のシンセサイザーである。コンピューターが作り出す人工的な音が、大自然の神秘を象徴するようなマンダラを生み出す。シルクロードという番組の魅力は、撮影された西域の映像と石坂浩二の肉声、喜多郎の音楽三つが融合して生まれたものである。
 喜多郎が選ばれたのは、《OASIS》というアルバムを、チーフプロデューサーの玉井勇夫氏が聴いたことによる。たしかに、このアルバムはサウンドトラック《シルクロード 絲綢之路》に通じる美しさとダイナミズムがある。喜多郎の音楽は、映像がなくても想像力を喚起する。何度聴いても飽きることがなく、心の安らぎとともに、時空を超えた世界に誘ってくれる。
 番組の放送が終わった後、僕はカセットテープで販売された音や、MIDIによる機械演奏、オーケストラによる演奏なども聴いてきたが、やっぱり喜多郎自身によるシンセサイザーにまさるものはなかった。
 ただ、1980年代の録音技術は、現在と比べば劣る。最新のリマスターを施し、UltimateHQCDから再生された曲は、霞のない澄み切った音の世界にいざない、脳裏に幻像を生み出してくれた。これは新たな《シルクロード 絲綢之路》との出会いである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 14:59| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: