2018年06月07日

阿蘇は生きている(1)

 僕が子供の頃の地学の本には、活火山、休火山、死火山という区別があった。桜島みたいに年中噴火しているのが活火山、富士山のように300年昼寝しているのが休火山、有史以来噴火していないのが死火山と説明されていた。
 ところが、死火山だと思われていた木曽の御嶽山が噴火したことで、こうした区別が無意味だということが分かった。火山が噴火する周期はまちまちで、中には数万年の休止期間を経て巨大噴火する火山もある。
 阿蘇山は中岳だけが時々噴火しているから、活火山ということになるのだが、ここで問題になるのが、阿蘇山の大きさである。実は、中岳は巨大噴火の後にできた出張所みたいなもので、外輪山に囲まれたカルデラ全体が阿蘇山なのである。
 火山というと高い山を想定しがちだが、火山の残骸のような窪地や、湖になっている地形全体が火口だったりする。北海道の大きな湖、屈斜路湖や洞爺湖、支笏湖も、巨大な火山の火口に水がたまったもので、かつての阿蘇にも、満々と水をたたえた湖が存在したという。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: