2018年05月25日

ぼくがダライラマ?(45)

 摂政が戻ってきた。ぼくは書簡の中で、パンチェン・ラマが何とおっしゃっているのかと思った。随分お目にかかっていないが、どうしておられるだろうか。
「いや、これはわしに当てられた物であるから、ご覧に入れるわけにはいかないんだよ」
 もったいぶった言い方に、ぼくは苛立ちを覚えた。形だけは崇められても、所詮ぼくは操り人形でしかないということだ。
「清の康煕帝や、モンゴル王のラサン・ハンが、猊下についていろいろ言って来るので、パンチェン・ラマもお心を痛めておられるのだ」
 またあのことかと思った。ぼくが成人するまで、国境近い山奥の僧院に閉じ込められ、ダライラマ五世の崩御が隠されていたという問題についてだろう。俗人の姿で狩りなどしていたぼくが、突然、ダライラマに祭り上げられたんだから、疑わしく思われてもしかたがない。
「猊下は心配なさらないでいただきたい。猊下にとって最も大切なのは、修行にいそしんで観音菩薩としての徳を身に着け、一日も早くご立派な姿でチベットに君臨していただくこと。清やモンゴルの使節がやってきても、何ら不審に思われることがないような、高貴な品性をお持ちいただくこと」
「そんなこと言われても……」
「だから、わしの言うとおりになさってくださればいいのです。パンチェン・ラマには、猊下当てのお手紙を下さるようにご返事しておこう」
 奥方が出てきた。テーブルで小さくなっていた娘も立ち上がった。玄関に向かうところで、控え室にいた侍従が待っていた。別れの挨拶をして立ち去るとき、ぼくは娘の顔を見たが、目で合図を送ってくるようなことはなかった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:18| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: