2018年05月19日

クールジャパン

 本日は「クールジャパン」についてお話ししたいと思います。「クールジャパン」と申しますと、映画やアニメなどの大衆文化、自動車や家電製品を生産する現代日本の総称と考えられてきました。しかし、東日本大震災後の日本では、かつての自由な空気が失われ、偏狭なカルト政権による独裁政治、外国人差別をあおるヘイトスピーチの放置など、とても先進国とは思えない状況になっております。にもかかわらず、テレビは「日本すごい」しか流さず、国民の劣化に拍車をかける始末です。欧米ではこれをJapan is terrible.と評しており、識者の中には「クールジャパン」は「お寒い日本」になり果てたと嘆く声が聞こえる今日この頃です。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:24| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: