2018年05月18日

しまなみ海道は尾道から(6)

 尾道に向かって必死に自転車をこいだ。標識に導かれるままに進むと、行きに上陸したのとは違う船着き場に着いた。向島の東部にある別の港で、川の中ではなく尾道水道に面している。
 昔の中国人が瀬戸内海を見て、日本の河もなかかやりますなあと洩らしたというが、海峡といっても大陸の河よりも狭い。ただ、泳ぎの得意な者でも、潮の流れが速い時間には流される。潮止まりを狙えば、渡りきれるらしいのだが。向島に逃げ込んだ脱走犯も、一番幅が狭いこの辺を渡って広島に逃げたところを、警察に身柄拘束されたという。
 乗船時間も短かった。対岸にロープウェイが見えた。千光寺公園に登るためのもので、無意識のままに最短コースを選んでいたことになる。自転車を引いて下船すると、まっすぐロープウェイの駅を目指した。路地に入っていったのだが、自転車を置くスペースが数台分しかない。そこに自転車を置き、小さなエレベーターに乗った。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:22| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: