2018年05月02日

SONYのWALKMANを買った(2)

 今回僕が買ったのは、ウォークマンのAシリーズNW-A45SHNである。iPhoneやiPod touchでもほどほどの音は出るのだが、ハイレゾには充分対応していない。ハイレゾの音楽を再生しても、それより劣る音質にダウンサンプリングされてしまうのである。もちろん、本体に携帯用のDACを接続すれば、ハイレゾも再生できるのだが、もう一つコードで機器をぶら下げるなんて邪魔くさい。そんなことは、ソニーのウォークマンなら単体でできてしまう。
 ハイレゾの再生以外に、mp3やCDの音もアップサンプリングする機能DSEE HXがついている。きめの粗さを補完してくれるのである。mp3については太い音にはなるのだが、やや鮮明さが欠けた感じになる。CD音質からアップサンプリングすると、ハイレゾと区別がつかなくなるではないか! また、ハイレゾの音質を保ちながら、はるかに小さいmqaファイルなら、DSDなどよりも多くの曲が入れられる。
 実際、ハイレゾで購入できる曲は限られる。それ以外のアルバムは、CD音質でエンコードすればいい。ソニーのMusic Center for PC(https://musiccenter.sony.net/ja/)を使用するなら、flac形式を選択する。ソニーが開発したATRAClossless形式は、海外ではとうに廃止され、最新の日本版ソフトでも作成できないようになっている。
 さらに、アナログアンプのような重厚さを与えるDCフェーズリニアライザーのほか、コンサート会場やクラブなどのサラウンド効果もついているので、生演奏を聴くような醍醐味が楽しめる。こうした点からして、ウォークマンがいかに音質にこだわっているかがよく分かる。
 ただし、圧縮音源は容量が大きいので、16ギガのウォークマンは、すでに空き容量がなくなってしまった。なくなったといっても、マイクロSDで拡張できるところが有り難い。むしろ、マイクロSDで拡張した方が安くつく。ファイルの検索も、外付けのファイルも本体のファイルと同様にできる。マイクロSDの初期化については、説明書をよく読んで行うこと。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:29| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: