2018年04月30日

国難

「我が国をめぐる危機に対し、一層の圧力を加えてまいる所存であります」
「しかし、ソーリ、すでに隣国では和平が実現し、我が国は蚊帳の外に置かれたと……」
「蚊帳の外じゃありません。今はまだ春ですから」
(爆笑)
「しかし、置いてきぼりにされた漫画がネットで流布しておりまして」
「るふ? 置いてきぼりじゃないよ。私はムジナじゃない。目も鼻もついてんだから」
(爆笑)
「なるほど、論理的なお話に感じ入りました」
(苦笑)
「丁寧な説明だったでしょ?」
 テレビで会見を見た平民が、国の将来を憂えて国会前に集結すると、一天にわかにかき曇り、稲妻の轟きとともに天から御札が降ってきた。

〽国難が国難招く国難に 国難除かば国難逃れむ


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 13:12| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: