2018年04月29日

しまなみ海道は尾道から(3)

 レンタルサイクル店から百メートルほど東に行ったところに、向島への渡し船の船着き場がある。船賃は船上で払う。一人百円、自転車を持っていれば百十円。対岸に渡るんだと思ってたら、川をさかのぼっていく。数分進んだところで、船着き場のコンクリートが見えてきた。
 着岸すると、サイクリングの若者が走りだした。しまなみ海道を目指しているらしい。あの若者たちについていけばいいんだろう。電動自転車はやはり楽だ。ペダルをこぐと、作動してぐいと前に進む。人力の二倍のスピードが出る。これなら若者にも負けないと思った。道も分かったので、普通の自転車を次々に追い越していった。
 しばらく走ったところで、海辺の風景を写真に収めた。天草でも感じたことだが、橋で結ばれた島は、島だという感じがしない。ほとんど本土化してしまっている。量販店や団地があったりで、素朴な島の生活は駆逐されてしまったようなのだ。特に向島は海峡が狭く、新尾道大橋が出来る以前から、フェリーで自転車も車も移動していたので。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 11:38| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: