2018年04月06日

ディーパック・チョプラ/ルドルフ・E・タンジ共著の『スーパーブレイン』(1)

 一口に東洋思想と言っても、インド思想と中国思想ではかなり異なる。仏教やヒンドゥー教を生んだインドは、現実を超えたものに対する志向が強い。現実や社会秩序ですら解体され、世界を支える原理を探究しようとする。一方、中国の儒教は社会秩序を肯定した上で、理想的な生き方を提示するので、現実を志向する傾向が強い。道教の場合も、社会秩序からの自由を説くが、目指すところは不老長寿で、超越的なものへの志向は必ずしも強くない。
 では、日本の場合はどうかというと、仏教、儒教、道教などの影響を受けているが、宗教家になるか学者になるか、奇人変人にでもならない限り、現実を超えたものを探究することは難しい。なぜなら、社会秩序に対する同調圧力が強く、人並みに生きることが理想とされるからである。一人一人が考えたり議論したりするより、上の者の指示に従ったり、周囲に合わせることがよしとされる。「長い物に巻かれろ」とか「寄らば大樹の陰」といったことわざが生まれたのも、そうした背景があるからで、強い者にはへつらい、弱い者は抑えつけ、反抗する者は叩き潰すか、排除するようになる。
 本書におけるディーパック・チョプラの主張は、インド思想に根ざしたものである。内省して自己の意識を拡大していくという姿勢は、個としての自立が前提としてあるので、同調圧力に屈する態度とは対極にある姿勢である。人並みに生きるというのは、最も忌避すべき生き方なのである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:57| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: