2018年01月31日

ディーパック・チョプラの『富と成功をもたらす7つの法則』(3)

 さて、『富と成功をもたらす7つの法則』における法則一は「純粋な可能性の法則」である。瞑想の習慣を持つことで、純粋意識に触れるようにせよということである。法則二は「与える法則」である。自分の持つ物を相手に与えるから、自分にも何かが与えられるのである。昔の日本人は「情けは人のためならず」の真の意味を理解していた。
「金は天下の回り物」である。ため込むばかりでは流れは停滞する。国家レベルで考えるなら、大企業に「内部留保」ばかりさせて庶民を貧困化させている国は、衰退の一途をたどっているではないか。富の再配分を行えば内需も回復して、結果的に国全体が潤うことを、愚かな政治家は知らないのである。
 法則三は「原因と結果の法則」である。人間は各瞬間に選択を行っている。意識的に行動するために、ハートに問いかけるようにする。人間が究極的に求めているのは幸せであるから、自分がしようとしていることが「心地よい」かどうか、自問していくことが重要である。
 法則四は「最小限の努力の法則」で、努力を重ねることが美徳とされる日本では、なかなか理解してもらえないだろう。無理はせずに、自分が持っている能力を開花させる。また、それが人類の役に立つかどうかも、成功させる鍵となる。金儲けや名誉欲に駆られてこの手の瞑想をしても、成功するかどうかは覚束ない。活動をして人類の役に立ちたいと思うことで、宇宙全体の創造の力に参与できるのである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:34| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: