2017年10月31日

小海線と松原湖(3)

 実は、松原湖というのは、猪名湖(いなこ)・長湖(ちょうこ)・大月湖(おおつきこ)という3湖の総称だという。また、猪名湖を単体で松原湖と呼ぶ場合もある。今回訪れたのは、猪名湖だった。これらの湖ができたのは、888年(仁和4)、八ヶ岳連峰の一つ天狗岳の噴火で、大月川が堰き止められたためだという。平安時代になって生まれた若い湖なのである。
 湖のほとりに小さな社があった。白山宮とあった。白山神社の分社なのだろう。神仏分離令が出るまでは、修験道で白山大権現を祀っていたに違いない。そのまま、湖岸を左回りに進んでいった。
 ボート乗り場に食堂があり、開店中の札がかかっていたから、「やっていますか」ときいたら「今日は休み」という答え。何だか昨日と同じ流れである。
 とりあえず、小海駅に向かうことにした。松原湖駅は改札すらない無人駅で、店は何もなかったから、谷底に下る手前、松原湖駅入口のバス停まで下りていった。バスに乗ると、小海駅までは急坂をぐんぐん下っていく。標高差は100メートル余りある。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:50| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: