2017年08月12日

人工知能の会話

 博士は人工知能による会話の実験を行っていた。国語力の落ちた政治家が記者から思わぬ質問をされても対応できるように、想定問答を作らせる機能を開発していた。ある質問を入力すると、インターネットに接続された人工知能が、自動で会話を始めるという仕様となっていた。そこで博士は「市場の移転について、方針が決められた経緯を話してください」と入力した。
「記録は残っておりません」
「それはおかしいですね。情報公開するという知事の方針に逆行するんじゃありませんか」
「それは私が人工知能、AIだからです」
 そこまで会話が進んだところで、人工知能は「AIAI、AIAI、AIAI、AIAI、おさるさんだよ〜」と歌い出した。

 iTunes Storeのpodcastから、ショートショートを多数集めた超短編集『夢現万華鏡』が無料でダウンロードできます。下記のリンクからたどってください。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:37| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: