2017年07月30日

ネルヴァルの「緑の怪物」について(3)

 話は褒賞金を得た伍長と縫子の後日譚へと続く。結婚した二人が授かった子は、体が緑色でしっぽが生えていたのである。酒蔵での出来事は幻覚と解釈できるが、我が子が「緑の怪物」では、悪夢から逃れることができない。怪物は癇癪持ちのいたずらっ子に成長したので、夫婦は救いが得られず、苦しみから逃れるために酒浸りになる。
 ここまで至ると、どこからどこまでが現実で、どこからが幻覚かは分からなくなる。二人は酒蔵に住まう悪魔の夢に、夜な夜な悩まされ続ける。そして、十三歳になると怪物は忽然と消える。不信心で罰せられたという、とってつけたような教訓を添えて、投げ出すように物語を終えてしまう。
 物語の一貫性をこれほど無視した作品も珍しい。各場面のイメージが、思いがけない形で結びつけられている。さまざまな宝石の破片を見せられているようで、各場面のつながりは乏しい。要するに、ネルヴァルは怪奇譚の形で、「手術台の上での雨傘とミシンの偶然の出会い」をやったのである。

 思い入れのある作品であるため、拙訳をpodcast(http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en)にアップロードしてあります。よろしければ、ダウンロードしてご覧下さい。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:45| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: