2017年06月30日

ひめゆりの塔と沖縄戦(3)

 平和記念堂の美術館を見て回った。そこで印象に残った絵画について記そう。黄色い夕焼けをバックにした守礼門。夏の海に浮かんだ赤い花。雪原で夜明けを眺める鹿。光の中しぶきを飛ばして駆け抜ける天馬。
 記念式典が行われる広場を過ぎ、平和祈念資料館の方に向かった。そこで見られたのは、沖縄戦で起きた悲劇の連続だった。昭和二十年、米軍の本島上陸が近づいた頃、米軍の戦艦が慶良間諸島を包囲すると、島民の多くは自決を余儀なくされた。ネコイラズ、殺鼠剤を持っている家はうらやましがられた。これを大量に摂取すると、吐いて助かってしまう。それがないうちでは、家族同士、ナイフで殺し合った。夫が妻や子供、老人を刺した。そして、仲間同士でも。
 首里が陥落すると、日本軍は喜屋武(きゃん)半島へと転進した。退却という言葉を使うと、国民の士気が下がるとして「転進」という言葉がニュースで流されていた。そこで米軍を疲弊させ、国体の護持、天皇制の存続という条件を米軍に呑ませた上で、終戦に持ち込もうとしたのだ。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:42| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: