2017年06月28日

ぼくがダライラマ?(9)

          二

 ラサまでの道のりは、延々と続くはずだった。日が西に傾きかけた頃、お母さんとぼくを乗せたヤクは、外壁の崩れた山門をくぐっていった。今夜はここで泊まるのかと思った。寺の本堂からは、経文を唱える小僧の声が聞こえてくる。
 通された庫裏で、出されたバター茶を飲んでいたが、初老の役人はいつまでたっても現れなかった。お母さんの顔を見ると、不安そうな様子で落ち着きがない。ぼくはたまらなくなって、境内の方に走っていった。乗ってきたヤクの姿はなかった。牛飼いもどこに行ってしまったのか。
 小走りで部屋に戻ってくると、ちょうどこの寺の僧院長が、お母さんと話し込んでいるところだった。あごひげも白髪交じりだが、目だけはぎらぎら光っている。
「では、私たちはいつまでここにいるんですか」
「さあ、聞きたいのは拙僧の方だよ。ラサからお達しがあるまでは、あんたたちの世話をするように命じられているんだから」
 ぼくが座り込むと、あごひげのお坊さんは顔を眺め回して、頭の方に手を伸ばしてきた。その途端、お母さんはぼくのことを抱きしめた。寺ではどんなことが行われているか、聞き知っていたからだろう。それを見て不愉快そうに肩を上げると、大きな息を吐いて下がっていった。
 僧院長がいなくなると、お母さんはぼくの体を放して、袖口で涙をふいていた。だったら、お父さんのいるうちへ逃げ帰ればいいのに。ぼくが耳もとでささやくと、お母さんは黙って首を振った。寺の山門には見張りの僧兵もいたし、そんなことをしたら、どんな仕返しをされるか分かったもんじゃない。こうして、お母さんとぼくの幽閉生活が始まった。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:04| Comment(0) | 連載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: