2016年12月29日

『実用変体がな』について

 古典文学や日本史の専門家は、活字ではない写本を読めなければならない。実際に見ると、墨で書かれた文字を判読するのは容易ではない。字体が崩れているだけではなく、現代人が使わなくなった「変体がな」が多数使われているからである。
 以前、自分のルーツが知りたくて、曽祖父の戸籍を調べていると、読めないひらがなが出てきた。それが「変体がな」だった。「変体がな」は人名にはよく用いられていたし、そばやの看板の「そば」の字は、「楚」の変体がなと、「者」の変体がなに濁点のついた字が用いられている。国語学者の山田孝雄の著作も、活字の「変体がな」が用いられている。谷崎潤一郎の『盲目物語』の和綴じ版にも、「変体がな」が多く出てきた。
 日本語の専門家の端くれなので、かな研究会篇の『実用変体がな』を購入してみた。これは大学や短大の授業で用いられるように編纂された本である。例えば、ひらがなの「あ」は、「安」「阿」「愛」「亞」「惡」の草書体が元になっているのが分かる。しかも、写本の「安」を崩した見本は30以上もある。漢字の原型をとどめているものや、現在のひらがなに近い形まで崩されている字は読みやすいが、難しいのは崩し方が独特で「め」や「ろ」と誤読しそうな字体である。よくもこんなにあると気が遠くなったが、当時は墨で書いていたので、字によってはこれだけバリエーションが出てきてしまう。
 今回紹介する本の利点は、コンパクトにまとめられている点と、実際の用例も収録されている点である。「変体がな」がつながって書かれるとどうなるか、写本の例で確かめることもできる。巻末にはカタカナの「変体がな」の例も収録されている。
 実際に覚えたいなら、見本を見ながら筆で書いた方がいいだろう。どんな漢字の草書体かと覚えておくだけでも、実際に「変体がな」と出くわしたときに戸惑わずに済む。
 中学校ではかな文字は平安時代に成立したと習った。それ以前は万葉がなが用いられていたのも分かっていた。それ以上のことを知ったのは、成人してからだった。「変体がな」は万葉がなが部分的ではあるが、20世紀まで生き残っていた名残なのである。

参考文献
 かな研究会編『実用変体がな』(新典社)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:37| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: