2016年10月30日

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」私見(25)

「ゲートウェイ・エクスペリエンス」のウェーブXに入った。フォーカス15に進む前段階として、フォーカス12のより深い状態を体験することになる。今まではフォーカス10の状態を介して、フォーカス12に進んでいたが、これからはいきなりフォーカス12の意識に移行する。五感の制限をはるかに超えた状態から、さらに深い意識へと沈潜していく。
 最初は「フリーフロー」なので、今まで習得してきたテクニックを、指示を受けずに自分自身で試してみる段階である。僕自身は過去の場面を想起し、その時の状態がどこまで再現できるか試みた。すると、その日の天候から周囲の様子、考えていたことまで思い出した。
 次に、体験していた時点での心身の状態を再現しようと試みた。もちろん、現在の自分が、その時の状態を思い出しているわけだが。一般相対性理論と量子力学を踏まえた超弦理論によれば、宇宙は人間が体感している3次元にとどまらず、11次元で構成されているという。
 時間のベクトルである4次元も、ベクトルとして存在するなら、バーチャルな形で移動できないかと考えた。ロバート・モンローの言うように、フォーカス15が無時間の状態なら、それも可能なのではないかと。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:08| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: