2016年04月15日

熊本震度7

 昨夜九時半頃、熊本を中心に震度7の激しい揺れに見舞われた。熊本城の石垣や、ブロック塀なども崩れ、木造の家屋の倒壊も発生している。九州新幹線の車両も脱線し、強い余震も続いている。
 日本列島を含む環太平洋一帯では、大地震が多発している状況である。阿蘇や桜島などの火山活動も続いている。紀伊半島沖の地震活動も懸念され、南海トラフでの巨大地震の発生も危惧されている。
 今回の大地震は、中央構造線の一部をなす断層が動いたと思われる。その断層の東には伊方原発、西には川内原発がある。川内原発は耐震性が低く、南海トラフで巨大地震が発生した場合、放射能漏れを起こす危険が高い。しかも、福島第一原発のような免震棟もない。偏西風によって、太平洋沿岸は高濃度の放射能に汚染される。日本の国土の多くが、居住不能になってしまうのである。安倍政権はただちに川内原発の停止を決定すべきである。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:02| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本での安全な食は殆ど 無くなっている今、九州にもしもの事あらば日本脱出必至。しかし、殆どの国民はこの住めない、食べられない国に取り残される。にもかかわらず、安倍自民と経団連諸氏は選挙と金儲けの事で頭がいっぱい。息を吸うのも困難な国になってしまいました。
Posted by 峠の茶屋 at 2016年04月16日 10:45
そうですね。屋内待機もできず、九州新幹線は脱線で不通、熊本空港は閉鎖、道路も寸断されているのに、万一のことがあったら、どうするというのでしょう? 川内原発を止めることがどうしてできないか、安倍政権の冷血さを感じている国民は多いことと思います。
Posted by 高野敦志 at 2016年04月17日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: