2013年11月24日

紙の辞書と電子辞書(2)

 パソコンにインストールできる電子辞書が普及しても、専用端末は一定の人気を保っている。コンピューターが使えない子供や年配者には、手放せない存在になっている。僕の場合、使い慣れた専用端末が、故障して動かなくなった。一万五千円で買ったのに、修理代も同額かかるというので捨ててしまった。それ以来、専用端末は使っていない。
 なぜかというと、端末が壊れたのはしかたないにしても、中に詰まっていた多くの辞書が、取り出されることなく、端末とともに捨て去られるのは、どうにも我慢がならなかったからである。
 現在、若者には紙の辞書は人気がない。そればかりか、専用の端末さえ使わなくなってきている。スマートフォンなどにインストールされた辞書を、職場や学校でも使っているのである。複数の辞書を常に持ち運べるからである。
 僕はそれと同時に、パソコンにも電子辞書をインストールしている。自宅にいる場合は、複数の辞書を一度に引く「串刺し検索」を行っている。汎用性のあるepwing形式の辞書なら可能である。ただ、コピー制限がかかっていないから、近年は出版社から新しいタイトルが出ない。
 パソコンは画面が大きく、言葉の全体を見渡すこともできる。パソコン内の文書なら、単語を選択してコピーすれば、わざわざ打ち込むことなく、「クリップボード検索」ができる。しかも、リンクをたどれば、知的好奇心のおもむくまま、言葉の探索ができるのである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:56| Comment(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: