2012年03月18日

iPod touchと語学学習

 iPod touchの魅力の一つは、多数のアプリケーションをダウンロードできる点にある。無料の物も多いが、有料の物でも数百円程度である。千円以上するのは辞書類だが、epwingの辞書を持っていれば買う気はしないだろう。また、ネットに接続できる環境なら、オンラインの辞書を使えばいい。
 最近買ったアプリを二種類紹介するとしよう。一つは「Real英会話」で英語のちょっとした決まり文句を、クイズ形式で答えさせる物。答える早さも要求される。会話はそもそも反応だから、ゆっくり考えていては話が続かない。しかも、クイズ形式は毎日続けさせる効果がある。「こんな文句は英語で何と言うか」という質問をメールに出せば、その回答が音声付きで毎日アップデートされる。ちょっと英語をしゃべりたい人には、楽しみながら学習できる点がいい。
 もう一つは「French in a month」という初級フランス語用のアプリである。数枚の写真や絵とフランス語の単語が提示され、その写真や絵からフランス語を学び取るという点で、日本語教育で行われている直接法が用いられている。学習者の母語による説明をしないので、直接法と呼ばれるのである。幼児が母語を習得する時のように、視聴覚を刺激して、イメージとともに覚えさせようとするわけである。日本語の説明はないから、フランス語を全く知らない人には難しいかもしれない。このアプリの場合も、かなりのスピードで写真や絵が入れ替わり、次にフランス語が提示されて、それを示す写真や絵を選ぶという方法を取っている。レッスンが進むたびに、表現が長くなるのと、既習の単語を組み合わせて使っていく点など、よく練られて作られている。クイズで学ばせるところも、先に述べた英語教材と同じである。
 外国語の独習を継続させるには、興味を抱かせることと、手軽に空いた時間を使えるようにすることが重要である。iPod touchのこれら二つソフトは、この条件によく合致している。

下のリンクは、私がやっているpodcastのページです。
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en
posted by 高野敦志 at 01:36| Comment(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: