2021年01月22日

地震に気をつけよう!

 海外ではアメリカ大統領選挙、国内では新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、人々はすっかり地震のことを忘れている。天災は忘れた頃にやって来る。防災意識を常に持ち続けることが重要である。
 関東大地震は大正12年(1923年)9月1日に発生したが、真冬に大地震が起こらないわけではない。阪神淡路大震災は平成7年(1995年)1月17日に発生した。東日本周辺では、元禄関東地震が元禄16年11月23日(1703年12月31日)、安政東海地震は嘉永7年11月4日(1854年12月23日)、安政江戸地震が安政2年10月2日(1855年11月11日)で、晩秋から真冬の時期に起きている。
 東京湾も津波とは無縁ではない。東日本大震災では、実害はなかったものの、多摩川を河口から13キロまで、弱い津波が観測されている。元禄関東地震では、津波が川沿いを巣鴨まで遡上し、六義園が浸水したとされる。山の手でも川沿いは安全とは限らないのである。
 大地震の予言は当たったためしがない。もし当たるとしたら、人為的に起こされる人工地震ぐらいだろう。科学的根拠はないわけだが、東京直下型地震が発生するという怪文書(https://golden-tamatama.com/blog-entry-next-tokyo.html)が、インターネット上に流れている。日時は2021年1月27日午前3時44分、震源地は東京湾北部、マグニチュードは7.2、津波は4〜5メートルと書かれている。
 これほど詳しく説明されている場合は、普通は当たらない。また、人工地震の場合は、事前に計画が拡散されると、中止になることが多いという。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!


Twitter、facebookでの拡散、よろしくお願い致します!
posted by 高野敦志 at 02:00| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする