2020年09月30日

十六歳の修学旅行(2)

 一九七九年(昭和五四)十月二四日水曜日。朝のうちは雲が多かった。同級生と制服姿で待ち合わせ、東京駅八重洲口に向かった。班ごとに点呼した後、車両に乗り込んだ。午前九時に新幹線ひかり号が出発。車内では雑談したり、トランプをしたりしていた。広島には五時間余りかかった。
 秋晴れのよい天気だった。原爆資料館を見学したのだが、詳しいことは書かれていない。橋の欄干が焼きつけられた路面、溶けてねじ曲がった鉄骨、熱で炭化した弁当箱のご飯、ケロイド状に焼けただれた背中などは、記憶の中に残っている。井伏鱒二の『黒い雨』を事前に読んでいたから、どんな状況だったかは、知識としては知っていたが。余りの酷さに目を覆うばかりだとしか書いていない。
 その夜は広島のホテルに泊まった。ところが、修学旅行らしくなく、個室に一人ずつ入るように言われた。オートロックのことも分からず、鍵を中に置いたままドアを閉めてしまい、担任のK先生に頼んで開けてもらった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:35| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写真とエッセイ『大井川鐵道の旅』(ePub)

 静岡県の大井川鐵道は、蒸気機関車の走る本線と、ダム建設のために作られたトロッコ列車が走る井川線からなり、鉄道マニアには見逃すことができない路線です。特に井川線は、日本唯一のアプト式区間を持ち、奥大井湖上駅など、絶景の秘境駅がある野趣あふれた路線です。また、周辺の寸又峡はダイナミックな渓谷に、長い吊り橋がかかり、森林鉄道の廃線跡も残る秘湯のスポットです。「大井川鐵道と寸又峡」ほか3編の鉄道関連のエッセイを、多数の写真とともに収録しました。
 今回はリフローの電子書籍ePubで提供いたします。約4メガありますので、通信速度が遅い場合は時間がかかります。
 以下のリンクからダウンロードしてください。
ohikawa.epub

 iOSではiBooks(https://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8)でご覧ください。横向きで見る場合の方が、レイアウトの乱れは少ないです。写真を指でダブルクリックすると、フルスクリーンの写真がご覧いただけます。

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 ePubはiOSのiPadやiPhoneなどで読むのに適した形式です。iBooksなどでご覧下さい。Windowsでは紀伊國屋書店のKinoppy(http://k-kinoppy.jp/for-windowsdt.html)が、最も美しくePubのファイルを表示します。

 ブラウザからePubを開く場合、Googleのchrome(https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)なら、プラグインのReadium(http://readium.org/)をインストールして下さい。
 firefox(https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/)にもプラグインのEPUBReader(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/)があり、縦書きやルビなどにも対応しています。
 EdgeではePubは開けなくなりました。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:20| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

十六歳の修学旅行(1)

 父に日記を書けと言われたのは、中学二年の冬のことだった。それからは多少怠けたことはあるが、天命を知るはずの年が過ぎた今でも、曲がりなりに書き続けている。父方、母方の祖父には会ったことがなく、僕の年には二人とも鬼籍に入っていた。だから、もう余生を送っているようなものだ。
 自分も高校生だったんだなと思うと、不思議な気がする。そんな昔のことを振り返ってどうすると言われそうだ。ただ、日記が残っているから、何があったかたどることはできる。たわいもないことしか書いてないだろうが。
 三十代の頃に四国に行った記録を書き終えた。そこで、初めて四国に渡った修学旅行についても、書いてみようと思ったのだ。とはいえ、子供の頃の記録だから、事実を羅列してあるだけ、感情を書き殴っているだけで、そのまま書き写すに堪えない。日記を読み返しながら、僕が十六歳、高校二年の修学旅行で感じ取ったことを、今の自分の言葉で書き綴ってみたい。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:11| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする