2020年07月30日

梅雨明けは待ち遠しいが

 新型コロナウイルスの感染拡大に、倒産続きの景気後退、これだけでも気が重いのに、集中豪雨による河川氾濫が追い打ちを掛ける。梅雨は一向に明ける気配がない。
 このままでは史上最長となりかねず、関東地方では梅雨が明けてすぐに立秋という流れになりそうだ。夏らしい夏が来なければ、稲の病気が蔓延して、米が凶作になる恐れがある。
 さらに、日本周辺、とりわけ、南海トラフから房総半島沖にかけては、たまり切ったひずみが限界に達しており、梅雨明けとともにはじけて、震災級の災害となりかねない。
 次の満月は八月四日。その頃に太陽嵐が襲来したり、台風が通過したりすると、直接の引き金になりかねない。浜岡原発に何かあれば、東京に住むことができなくなる。津波による全電源喪失を防ぐために、高台への電源車の配置なども考慮してほしい。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:24| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梶井基次郎の青春(pdf)

 伊豆で過ごした梶井基次郎の生と死への思い、宇野千代や三好達治との交友関係を、美しい伊豆の自然を背景に描いた小説「厚い掌」を、パソコンですぐに開けるpdf形式で配信します。以下のリンクをクリックすると、すぐにpdfが開きますので、パソコンに保存してご覧下さい。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。
atsuitenohira.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Media→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:32| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする