2020年07月27日

鳴門の渦潮に近づくと(6)

 船に乗っていたのは、十五分ほどだった。あまりに衝撃的な体験だったので、実際にはもっと長い時間が経っていたような。行きと同じように、マイクロバスに乗り、荷物を預けたおばさんの店に戻った。
 少林寺拳法の青年は高松に出ると話していた。とりあえず、彼と一緒に徳島駅行きのバスに乗った。彼は小鳴門橋のバス停で乗り換えた。短い間だったが、一人旅では名も知らぬ人との出会いと別れが、いつまでも心に残るのだ。
 風は次第に強まってきた。やがて叩きつけるような雨が降り出した。吉野川の橋を渡るとき、川幅の広さに驚きながらも、豪雨で煙ってよく見えなかった。徳島駅に着くと、あわてて駅ビルに飛び込んだ。一部の列車に遅れが出ていた。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:36| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野敦志童話集(pdf)

 僕が幼児から成人するまでの思い出を元にした、「黄色いニワトリ 赤いニワトリ」「子どもの作り方」「インコのピーちゃん」の三篇を、パソコンですぐに開けるpdfでアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。ごく短い作品ですので、気軽に読めると思います。ぜひ、ご覧になってください。ちなみに、表紙の写真は幼い頃の自分です。
 なお、携帯端末でご覧になる場合は、ePub版が適しています。
 以下のリンクからダウンロードして下さい。
douwashu.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:53| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする