2020年07月20日

鳴門の渦潮に近づくと(3)

 午後一時少し前に、荷物を預けたおばさんの店に行った。マイクロバスに乗って、観潮船の桟橋に向かった。漁船ぐらいの大きさの船に乗った客は、顎髭を生やした少林寺拳法の青年と僕の二人だけ。船長のおじいさんの話では、小さい船の方が渦のすぐそばまで行くそうだ。
「一度うちのに乗ったお客さんは、あっちの大きい船には乗れんから」
 モーターをフル回転させて、大鳴門橋の橋脚に向かう。手前まで来たところで、船室を出て甲板の柱につかまって、おじいさんの指さす先の渦を探した。青年はしきりに質問している。僕はカメラのシャッターを切った。
 渦が巻き始めたとき、いきなり二メートルほど、海の底から沸き立つように、水の柱がせり上がった。瀬戸内側の浅瀬からは、早瀬のように海水がたぎり落ちてくる。大きく左右に揺れて、危うく倒れそうになった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:57| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする