2020年07月17日

鳴門の渦潮に近づくと(1)

 屋島のユースホステルを出て、高徳線に乗った。池谷で鳴門線に乗り換える。今日は朝から曇で、時折小雨が降る生憎の空模様。台風はまだ四国と九州の間の海域にいる。
 鳴門駅からバスで鳴門公園に向かった。そこは四国と橋で結ばれた大毛島にある。バスを降りたところで、店のおばさんに呼び止められた。船の時間を教えてもらい、大きな荷物も預かってくれるとのこと。随分親切な人だなと思ったが、渦潮を見る観潮船の切符を売っているのだ。
 海峡に渦が巻くのにはまだ時間がある。大鳴門橋架橋記念館に入った。ここでは渦潮の仕組みをさまざまな装置で説明してくれる。人工的に渦潮を発生させる機械は凄みがあった。ただ、これは巨大な洗濯機のようなもので、下方からプロペラを回転させて、大きな渦を発生させているのだ。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする