2020年07月04日

7月4日はアメリカ独立記念日

 日本では外資の意向を受けて、アメリカ民主党寄りの報道が目立つ。オバマ前大統領が出生を偽っていたスキャンダルや、小児性愛、人身売買の闇については、ほとんど報じられない。トランプ大統領をマスコミが批判ばかりしているのは、上記の諸悪と闘っているのが、トランプ大統領だからである。マスコミは諸悪を隠蔽する側にある。
 独立記念日にトランプ大統領が、どのような発表をするか期待されている。9.11の真実に関しては、すでにYouTubeに映像が出回っている。3.11の闇についても、いずれ明らかにされるのではないか。
 その一方で、アメリカやヨーロッパ、日本が諸悪から解放されるのを、妨害する動きがあるのではないかと懸念される。先般のオーストラリア大火にしても、自然発火などではなく、放火であるという主張がされている。首里城の炎上にしても、漏電にしては燃え方が激しすぎる。
 また、日本周辺の地震活動が活発化しているのも気になる。西之島の大噴火が続いているのは、フィリピン海プレートのひずみが限界に達しているからだ。東京湾や房総半島での群発地震、三浦半島での地殻変動と異臭騒ぎなど、大地震の前兆を示す情報が後を絶たない。東京湾に落ちたとみられる火球も、不吉な印象しかない。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:33| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第三版《ゲートウェイ・エクスペリエンス私見》(pdf)

 ロバート・モンローが開発した脳波誘導の技術「ヘミシンク」によって、変性意識の世界を誰でも体験できるようになりました。
 ヘミシンクは能力開発、自己実現に用いられてきましたが、最近《ゲートウェイ・エクスペリエンス》のWaveZ日本語版が発売されました。これは死後の意識を擬似的に体験するプログラムで、来世への中継点とされる「フォーカス27」まで収録されています。それについて得た印象をまとめてみました。
 なお、死後の意識を体験するもう一つのプログラム《ゴーイング・ホーム》や、ロバート・モンローの著作、ヘミシンク関連の著作や、チャクラ開発などのプログラムについても説明しています。

 今回はパソコンですぐに見られるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
Gateway3.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:18| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする