2020年07月01日

崇徳上皇の霊廟(1)

 坂出からバスに乗って、高屋(たかや)神社に向かった。保元の乱で讃岐に流された崇徳上皇ゆかりの地を訪ねるためである。この神社は崇徳上皇をお祀りしている。境内には「御棺台石」がある。崩御した上皇の棺(ひつぎ)を六角の石に置くと、血がしたたったと言われる。
 傍らには身をかがめたような、奇妙な曲がり方をした巨木が立ち、木洩れ日すらない薄暗さである。中央の棺が置かれた石は苔むしている。セミの声が響き渡り、快い風が吹き渡ってくる。彼方には瀬戸大橋のアーチも見える。
 高屋神社から急坂を上っていくと、遠くに瀬戸の島々が見えてくる。上皇が眺められた風景なのだろうか。彼方には本州がある。京の都はそのはるか先。許されて帰京することがかなわず、せめて写経だけでも届けようとしたが、呪詛の恐れありと讒言(ざんげん)されて、ついに上皇は魔王となる決意をされたという。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小説「海に帰る日」(pdf)

 日本が元気だった昭和の後期、遠いふるさとへの思いに駆られた母は、家を出たまま戻らない。認知症を発症した老母を見守る息子の記憶は、軍靴が高鳴る混乱期に生きる、まだ若かった母の面影を追っていく。

 自作の小説をパソコンですぐに開けるpdf形式で配信します。以下のリンクをクリックすると開きますので、パソコンに保存してご覧下さい。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。ほのぼのした世界を描きましたので、ぜひご覧になってください。
uminikaeruhi.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:31| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする