2020年03月11日

美術館でコスプレ大会?(3)

 箱根ガラスの森美術館では、ちょうどヴェネチア仮面祭が行われていた。希望者には無料で本場の衣装を貸し出してくれる。帽子をかぶり、仮面をつけ、赤い生地に金の糸で刺繍された上着をまとった。非日常的な空間で、イタリア貴族になった気分を味わい、友人に写真を撮ってもらった。
 雨が降ってきたので、衣装のまま庭園を歩くことはできなかったが、鏡の前に立ったり、椅子に腰掛けて足を組んだり、いろいろポーズを取ったりした。
 後半は美術鑑賞というより、コスプレ大会みたいになってしまった。ただし、これは一年中楽しめるわけではない。冬から春にかけて行われるだけなので、興味がある場合は、事前に確認しておく必要がある。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:15| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする