2020年02月23日

青梅鉄道公園

 雪が本格的に降ってきたので、御岳山に行くのは諦めた。やむなく、青梅鉄道公園に行くことになった。青梅駅の北の高台にある。道は単純でないので、地図が必要だろう。
 実は、僕は小学校六年生の時に、一度そこに行ったことがある。鉄道マニアの少年で、秋葉原にあった交通博物館には、何度も足を運んだものだが、当時の自分は、あまり面白いとは思わなかった。鉄道模型をボタンで動かすのが好きだったので、機関車の実物には余り興味がなかったからである。
 ここの売りは、実物の車両が敷地内にたくさん展示されているという点である。D51の蒸気機関車は、昔は人気があったものだ。クモハという電車は、かつて南武線で走っていた茶色い車両である。当時と異なる点と言えば、東海道新幹線の初期車両を置くスペースが増えた点である。中に入って腰かけることができる。
 鉄道模型が好きならば、横浜の原鉄道模型博物館がお勧めである。あそこまで精緻で規模の大きな模型は、他の博物館にはないだろう。車両の走る音まで再現されている。走行する鉄道模型からの風景も、モニターに映し出されている。それと比べれば、青梅鉄道公園の模型は旧式で、随分ちゃちな物だ。
 以前から住み着いていたメスの野良猫「のら」が、青梅鉄道公園の園長に任命されたこともあった。その後、行方知れずとなったということである。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第5版『電子本(電子書籍)を作ろう!』(pdf)

『電子本を作ろう!』(pdf)の第5版を公開します。ジャストシステムの「一太郎2016」に関する新情報を含んだ増補版です。ePubやmobi、およびpdf形式で作るノウハウを解説します。電子書籍の形式について説明した後、文章を書いていく上での注意点、ファイルの作成方法、公開の仕方などを順に述べていきます。

 第五版においては、「一太郎2016」で追加された機能のほか、ePubの固定レイアウトとPDFの違い、ePubの脚注の問題、「詠太」のアクセント記号と、他の読み上げソフトの機能、さらに、書籍を再編集する場合の注意などについて加筆しました。古くなった情報は削除し、リンクが古くなったものは張り直しました。以下のリンクをクリックして保存してからご覧下さい。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。
denshibon5.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、マイミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。大部分のパソコンにインストールされているAdobe Readerで読むことができます。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | コンピュータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする