2020年02月13日

武漢での惨劇

 新型コロナウイルスの恐ろしさを、日本のマスコミは報道していない。免疫機能を破壊する点で、HIVとよく似ており、潜伏期間は最長1か月、発症していなくても感染する。治癒したように見えて、多臓器不全で突然倒れて死亡する。肺炎で死亡する場合が多いが、心不全や他の臓器も破壊されていることが多い。
 生物兵器がまかれたのではないかという説がある。さまざまな噂が流れており、どれが真実であるかは分からない。とにかく、遺伝子の長さが異常に長く、増殖する際に転写ミスをしばしば起こす。そのために変異のスピードが非常に速く、薬に対する耐性がすぐにできてしまうのである。
 中国湖南省では、感染者は強制的に隔離される。重罪人のように、公安が数人で引きずっていく。「お母さん、お母さん」と日本語で泣き叫ぶ女性が、公安にねじ伏せられる動画(https://twitter.com/tooranomaki6910/status/1227560051033853953?s=20)が流れていた。
 複数の子供の遺体をまとめてシートに包んで、病院外に移動する動画(https://twitter.com/PeterSh39054080/status/1227389735204581376?s=20)も流れている。火葬場では処理できず、病院の端に穴を掘ってガソリンで焼却しているらしい(https://twitter.com/way_of_tomorrow/status/1227468393319739393?s=20)。
 これらの情報を見れば、残る在留邦人の中国からの引揚げを、外務省が主張するのも理解できる。あまりに悲惨で、地獄のような状況だからである。
 ただ、忘れてはならないのは、新型コレラウイルスは潜伏期間が非常に長く、2回のウイルス検査で陰性で、発症してはじめて陽性になるほど、検査がかなり難しいため、爆発的な感染が発生しやすいということである。帰国希望者全員のウイルス検査は必須であり、たとえ一回目の検査で陰性でも、一定期間、ホテルの個室にとどまるなどの措置が必要だろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:46| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする