2020年02月09日

平岡篤頼先生のこと

 平岡篤頼先生は評論家、小説家として知られているが、長らく早稲田大学第一文学部の教授を務めてこられた。また、第八次『早稲田大学』の発行人で、雑誌の刊行には私費を投入されておられたという。
 平岡先生の専門はフランス文学であり、学部の学生にはヌーヴォーロマンを教えておられた。「新しい小説」という意味で、ロブ=グリエやクロード・シモンなど、非人間的な視線で無機的な描写をする小説であり、従来の小説からすれば「新しい」かもしれないが、日本人の感性からは受け容れにくい。ヌーヴォーロマンの周縁に位置する女流作家、マルグリット・デュラスの方が、日本人の心に訴えるものがある。
 僕は平岡先生の授業で、デュラスの『愛』という小説を読んだ。詩的で簡潔な文章なので、フランス語が苦手な学生でも読める。ただ、しっくり来る日本語に訳すのが難しい作品である。
 そもそも、フランス語は日本語に翻訳するのが容易ではない。抽象的な言い回しが多く、具体性を好む日本語に訳すのには、原作者の立場になって、もしこれが日本語で書かれていたら、という観点から訳す必要がある。機械的に翻訳していては、ちんぷんかんぷんの日本語になってしまうのである。
 授業の中で、デュラスのIl a plu.という文章を、平岡先生は「雨がやんだ」と訳された。直訳すると「雨が降った」だが、雨がやんだ時点で、「雨が降っていた」ことを認めたわけだから、「雨がやんだ」が的確な訳ということになる。
 当時、僕は文芸専修に在籍していた。小説家やジャーナリストを輩出させるために作られたというのは建前で、平岡先生の話によると、卒業論文が書けない学生を救済するために作られたということだ。平岡先生は文芸演習の授業も担当されており、後藤明生や森敦の小説を読みながら、実際に文章を書く指導もされていた。
 当時の僕はまだ、自分の文章が書けるような段階に達しておらず、ヌーヴォーロマンの直訳のような、味も素っ気もない描写しかできずにいた。小説作法を教える授業を期待していた学生は、いささか拍子抜けしたりもした。本格的に小説の書き方を習いたいなら、カルチャーセンターへ通いなさいと言っておられた。
 文芸専修に進んだ学生の多くは、自意識過剰なところがあり、「我こそは」という意気込みで書いた文章を、平岡先生に酷評されて逆恨みする学生もいたそうだ。「文学部のスロープで待ち伏せされてるんじゃないかと思ったよ」と冗談交じりで話されていた。
 文芸専修の最後の授業で、平岡先生は「このクラスには将来作家になるような人間はいないだろう」と予言された。僕は何くそという気持ちになり、いつかはその予言が外れたことを知らしめたいと思ったものだ。二十代の終わりに、某文学賞を受賞したものの、大きな収穫は上げられぬまま年を取っていった。
 その後、フランス文学関係の場で、何度かお顔を拝したことはあったが、二〇〇五年(平成一七)平岡篤頼先生の訃報に接した。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en


Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:57| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする