2020年01月26日

昇仙峡の奇岩巡り(5)

 見回すと、弥三郎岳という山が二十分で行けると看板に書いてある。軽い気持ちで向かった。展望台を過ぎると、道は林の中に入っていく。山道はところによっては、三十センチほどしか幅がない。右手は崖であり、足を滑らしたら、真下に転落してしまう。常に足下を見て、しゃべったりしてはいけない。話に気を取られたら、あの世逝きである。
 だから、この道は足腰に自信がある人向けであり、目まいを起こしやすい人や、高所恐怖症の人は、絶対に進んではいけない。「スリル満点」と看板にあったが、そんなもんじゃない。ちょっとした不注意で命を落とす危険な山道である。
 甲府盆地が見渡せる地点に出たが、そこは一枚岩の半径数メートルの岩。真下は絶壁。立っているのも緊張する。腰をかがめながら、ビデオを撮ったが、その後はしゃがみ込んでしまった。それでも姿勢がくずれたら、数百メートル下に転落する。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:13| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくはネコなのだ(pdf)

 夏目漱石の『吾輩は猫である』のパロディーです。のらネコの兄弟が母親に見捨てられた後、もう若くない兄妹と老母の家に棲みつく中であった事件を、ユーモラスに描きました。子ネコが成長する姿を楽しんでいただけたらと思います。ネコ好きの方は、ぜひご覧ください。
 今回はパソコンですぐに開けるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
I_am_a_cat.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 以下のリンクからダウンロードしてください。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
https://podcasts.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:58| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする