2020年01月12日

あっちの湯とこっちの湯(3)

 ほったらかし温泉はさらに丘の天辺まで上っていく。真夏のように光が強く、汗ばんでくる。平日というのに、車が坂を上ってくる。しかし、大半の人はあっちの湯に行ってしまう。初心者に勧めているからだ。新設された浴槽は広いが、前回来たときは、加水していたらしく、温泉らしくなかった。水道水を沸かしているのではないかと思ったほどだ。向かいの山はかすんで、富士山も見えなかったし。
 今回はこっちの湯にした。お湯は熱い方とぬるい方があった。ぬるい方がちょうどいい湯加減で、リラックスして入っていられる。正面に富士山が見える。盆地を囲む山並みも、光を受けて凹凸までが浮かび上がり、富士山も山肌までくまなく見える。雪は積もっていないが。盆地に広がる町並みの大パノラマ、丘にはススキの穂が伸びて、風で揺らいでいる。聞こえるのは、虫の音と、打たせ湯の水面を叩く音ばかり。泉質も滑らか。
 一段下にも浴槽があった。こちらはやや浅めで湯加減はちょうどいい。ただ、ここからだと富士山は見えても、甲府盆地がよく見えない。今日は台風一過の晴天で、人も少なかった。やはり、雨上がりの平日、人の少ない日は最高だな。(つづく)

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!



posted by 高野敦志 at 00:25| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする