2020年01月06日

「贋作 男はつらいよ 大阪の寅やん」

 山田洋次監督が『男はつらいよ』の舞台を、東京の葛飾柴又から、東大阪の石切に移し、登場人物や団子屋「くるまや」のセットはそのままに、パロディーを作ってみたという趣向。贋作といっても、原作脚本は山田洋次である。パロディーなら、本物とどこをずらしているかが見どころになる。東京と大阪では風俗や人情も異なるだろうし。
 このドラマを十分に楽しむためには、本物の映画を見ておいた方がいい。『男はつらいよ』の第九作に「柴又慕情」があるが、贋作はそれが下地になっている。本物では金沢を旅していた女三人組の中に、気難しい小説家の父を持つ歌子が出てくる。一方、贋作では箱根を旅していた歌子たちが、箱根で番頭をしていた寅次郎と親しくなり、石切に帰郷した寅次郎と再会する流れとなる。
 大きな違いと言えば、本物では二十年ぶりに帰郷して、妹さくらと博の結婚に立ち会うという設定だったが、贋作では三十五年ぶりの帰郷となり、さくらはすでに博と結婚して、満男も生まれている。贋作で寅次郎を演じる桂雀々が、本職は落語家ということもあり、出奔後に落語の修業をしたものの、逃げ出して的屋となったという話になっている。顔が四角いところは、渥美清とよく似ており、落語家ということで、語り口にも独特の味がある。ただ、本物の寅次郎が持っていた極道の雰囲気が欠けている。
 寅次郎の帰郷と、歌子たちとの出会いをぶつけたために、本物の映画を見ていない者にとっては、何とも慌ただしい筋書きとなっている。しかも、一回の放送が五十分に限られているので、各人物を掘り下げて描く余裕がない。そのため、本物に登場した俳優の演技がいかに素晴らしかったかということを、改めて感じさせられた。
 本物の歌子は吉永小百合が熱演したが、贋作では松下奈緒が演じている。どちらの女優も匂い立つような雰囲気があるので、次作で松下がどのような演技を見せてくれるか楽しみである。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:17| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする