2020年01月03日

山田洋次の『悪童(ワルガキ)』(1)

 これは山田洋次監督の初の小説で、『男はつらいよ DVDマガジン』に「けっこう毛だらけ 小説・寅さんの少年時代」とタイトルで連載されていたものを、改題して加筆したものだという。のちに、『少年寅次郎』の題名で岡田惠和によって、NHKでドラマ化された。
 小説『悪童』は車寅次郎が、酒の席で少年時代について語るというスタイルを取っている。一人称小説ということになるが、江戸弁を使ってるからといって、夏目漱石の『坊っちゃん』のように、計算し尽くして書かれたという感じではない。勝海舟の父は、正式には勝左衛門太郎惟寅で、号は夢酔だが、勝小吉という通称の方が知られている。海舟の父小吉が残した『夢酔独言』の、飾らないが琴線に触れる語り口に近い。
 山田監督はシナリオを書くように、この小説を書いていったんだなと感じた。スタイルは渥美清が演じた車寅次郎のもので、活字を見るだけで寅次郎の声が聞こえてくる。ただし、一人称小説の形を取ったことで、寅次郎が知ってることしか書かれていない。映画『男はつらいよ』では、寅次郎の思いと取り巻く人々の心のすれ違いが、笑いと哀愁を呼ぶのだが、一人称を選んだことで、映画のような複数の視点からの表現ができなくなった。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:21| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詩と人生「蝶と猫」(pdf)

 日本詩人クラブ、俳人協会の会員だった父、高野邦夫が、生前に行った詩と人生に関する講演を文字起こししたものです。軍国少年として予科練に志願し、終戦を境に価値観の崩壊を体験したこと、教員生活や闘病生活を通して、詩とは何か、いかにすれば詩が生み出されるかについて語っています。講演のほかに、若い頃の写真や略年譜、自身の青春について述べた肉声も収録されています。
 今回はパソコンですぐに開けるpdfを公開します。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードして下さい。
 以下のリンクから、ダウンロードできます。
shitojinsei.pdf

 父は生前に多くの詩集を出版していますが、多くはすでに品切れの状態です。それらの詩集から私が選んだ詩を『高野邦夫詩撰』としてまとめました。関心を持たれた方は、このブログ、およびpodcast(https://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en)で検索なさって下さい。

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。
 IEでダウンロードした場合は、拡張子をzipからepubに変えて、下記のアプリでご覧下さい。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。

「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:25| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする