2019年12月21日

体外離脱

 自分そっくりの青年が歩いていた。知らないうちに、魂だけが抜け出してしまったんだろう。そこで、青年の体に戻ろうとしたのだが、皮膚で跳ね返されて入れない。どうやら先客がいるらしい。
 僕は抗議したのだが、相手の声を聞いて仰天した。僕の体の中に入っていたのは、何と親父だったのだ。通りのガラス窓に自分を映してみると、そこには親父の姿があった! 魂が入れ替わってしまったのだろう。元に戻ってくれと説得したのだが、親父は若い肉体の方がいいと言い張った。正気に戻そうと親父を揺さぶったところ、逆に腕をつかまれてしまった。
「親父、いい加減にしろよ」
 よく見ると、そっくりだったのは僕の息子で、自分は初老の親父だったのだ。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:27| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増補版『「カシーナ」と脳内芸術』(pdf)

 ブレインマシーンの開発は、作家のウィリアム・バロウズが「ドリームマシン」を考案したことに始まりました。日本では1990年頃に発売された「メガブレイン」が一世を風靡しました。ここではMindPlace社の「カシーナ」を使用する際のヒントと、その文化的背景についてまとめました。
 改版では《Journey to the Sun》《528ヘルツCD》《レムリアの記憶》の3つのプログラムについての解説を加えました。

 今回はパソコンですぐに開けるpdfをアップロードします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
Kasina2.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。 以下のリンクからダウンロードしてください。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:22| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする