2019年12月13日

日本語教育能力の判定に関する報告(案)に関する意見

 日本語教師の資格や養成に関する課題について

 日本語教育能力検定試験は、当初、文部大臣認定として実施されていた。ところが、途中から文部大臣認定が外れてしまった。どういう経緯で、文部大臣認定が外されたか、明らかにしてもらいたい。文部大臣認定だから、公的な資格だと考えて受験して合格した人間に対して、無資格だと決めつけるのは納得できない。


 日本語教師の量の確保について

 日本語教師の数の確保のためには、低賃金に置かれた教師の待遇が改善される必要がある。公立学校に対するように、日本語教育施設に対する税制面での補助がなければ、経営の苦しい日本語教育施設の教員の給与面での待遇改善は難しい。専任講師の給与で家族が養える給与が出ないとなれば、若い人材は日本語教師を職業として選択しないと考えられる。


 日本語教師の資格制度「公認日本語教師」について

 日本語教師の公的資格は、創設されて然るべきであると考える。無資格で日本語を教えているというマスコミの報道により、日本語教師を希望する若い人材は得られにくくなっているのが現状である。


「公認日本語教師」の有効期限について

 有効期限を設けることは、教師の質の維持の上では有効であるが、公立学校の教師の場合のように、深刻な人材不足を招く恐れがある。20代で資格を取った場合、10年ごとに3〜4回も資格更新をするとなれば、低収入の現状から見て、志望する学生が激減すると思われる。


 教育実習実施機関及び指導時間について

 教育実習の一部を外部の日本語教育機関に委託する場合、対価が大学等から支払われる制度をきちんと作ってほしい。教壇実習が1単位時間(45分)以上というのは少なすぎる。10単位時間程度行わなければ、教え方のコツを習得することもできないと思われる。


経過措置について

 一定の移行期間とあるが、その期間を明らかにしてほしい。日本語教育能力検定に合格していない教師に対しても、無条件で資格を与えるのが妥当かどうかは疑問である。


更新講習の要件について

 更新のたびに、大学や養成講座に10万、20万も支払うとなると、日本語教師を希望する人材はいなくなると思われる。更新にかかる費用は、税金で補助すべきである。また、休職しないで、仕事を続けながら受講できるようにすべきである。


 試験免除の措置について

 日本語教育主専攻の学生も、「公認日本語教師」の試験を免除すべきではない。主専攻できちんと学んでいれば、当然合格できるはずだからである。


 なお、文化庁が出した「日本語教育能力の判定に関する報告(案)」に関する情報は、以下のサイトで閲覧できます。
https://www.bunka.go.jp/seisaku/kokugo_nihongo/kyoiku/ikenboshu/nihongoiken_hanteihoukoku/index.html


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:14| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

増補版『アイヌモシリへの旅』(pdf)

 北海道各地にあったユースホステルに泊まりながら、大自然に触れた心の旅をつづりました。成人して間もない大学生が、初老に至るまでの全5回、30余年間の変遷がたどれます。1980年代から90年代のユースホステルの様子や、当時の若者の姿も描きました。
 今回の増補版では、最新の旅の記録など6章を追加しました。また、全体の表記などを若干改めました。pdf版は1.2メガです。パソコンですぐに開けますが、いったん保存してからご覧になることをお勧めいたします。Adobe Acrobat Readerの「フルスクリーンモード」だと、バーチャルな書籍がモニターに再現されます。以下のリンクからダウンロードしてください。
Ainu2.pdf

 iTunesからダウンロードする場合は、ミュージック→iTunes→iTunes Music→podcasts→当該のフォルダの下に、ファイルが入ります。

 なお、パソコンのiTunesで「購読」したり、iOSのアプリpodcast(https://itunes.apple.com/jp/app/podcast/id525463029?mt=8)でマイpodcastに登録すれば、確実に新しいエピソードが入手できます。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 01:08| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする