2019年10月18日

ソニーのイヤフォンMDR-XB50について

 パナソニックのイヤフォンHDE3Mを愛用していた。澄んだ音がハイレゾの微かなニュアンスを表現してくれていた。ただし、CD音質を176.4kHzにアップサンプリングした音は、どことなく迫力に欠けていた。
 実は、それ以前にはソニーのMDR-XB50を使っていて、行方が分からなくなっていたのが、部屋を片づけていたら出て来た。そこで、パナソニックのMDR-XB50の音とどう違うか、僕自身の印象を述べてみたい。
 ソニーのMDR-XB50は重点音重視で、ヘッドフォン顔負けの迫力のある音を出す。その反面、重低音が強調されている分、ハイレゾの微かなニュアンスが聞きとりにくい気がした。でも、これは好みの問題かもしれない。そこで、ウォークマンのイヤフォンの設定も調節してみることにした。
 一番上のIER-NW500n/NEは、ウォークマンに付いているイヤフォン用、二番目のMDR-NW750N/NEは一万円前後のイヤフォン用、三番目のMDR-NC31/NWNC33は五千円前後のイヤフォンに最適化されているようだ。その際、ノイズキャンセルをオフにし、Clear Phaseにチェックを入れると、迫力を保ちつつ音に透明さが増す。ソニーのイヤフォンを使っている場合には、留意しておいた方がいい。
 すると、ハイレゾもかなり心地よく聞こえるようになった。一番大きな違いは、CD音質を176.4kHzにアップサンプリングした音が、ハイレゾと比べても遜色のない音に聞こえることだ。やはり、ウォークマンはソニー製品だから、イヤフォンもソニー用に最適化されているということなのだろう。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 03:23| Comment(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする