2019年10月17日

タウシュベツは崩壊寸前?(5)

 タウシュベツ川橋梁は、夏から秋にかけて水中に沈み、冬になると湖水から顔を出す。そのため、コンクリートの表面ははがれて、砂利がむき出しになっている。風が吹くと小石が落ちてくるので、周囲に近づかないように、ロープが張られているが、無謀にも橋の上を歩いたり、下をくぐる者がいるらしい。
 二〇〇三年(平成一五)の十勝沖地震で、タウシュベツ川橋梁は被災した。湖底に沈んでいる間だったが、橋の側面が二ヶ所崩れ落ちた。もし水面に出ている間だったら、完全に倒壊していたことだろう。二〇一七年(平成二九)に湖水から現れると、橋の両端が崩落していたことから、タウシュベツがアーチの形を保ったまま見られるのは、今年か来年までで、限界が近いと言われている。
 底に下りることにした。傘や枯れ枝を杖代わりにして。拳大の石が多数転がっている。干上がった湖底は草原で、赤い小さな花が咲いている。切り株が散在している。ダムができた時に切り倒されたものだ。例年なら梅雨開け頃から湖水が増え、水位が三十メートルも上がるのに。昨年の今頃は台風の影響で、ほとんど水没していた。(つづく)


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 02:56| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする