2019年10月06日

日本語教師の国家資格化

 文化審議会国語分科会日本語教育小委員会で、日本語教師の国家資格「公認日本語教師(仮称)」の創設が決まった。現在、日本語教育施設で教えている教師は、大学で日本語学を専攻したり、420時間の日本語教師養成講座を受けたりして、日本語教育能力検定試験に合格した上で、実際に教育現場で働いてきているので、そのまま国家資格が付与される。
 問題はこれから日本語教師を目指す場合である。国家資格を創設するという方向性は正しい。問題となるのは、判定試験以外に必要となる45時間の教育実習を、どこで行うかということである。
 日本語教育施設では、長時間の教育実習を受け容れる余裕がない。大学の外国人学生を対象とした日本語の授業で、日本人学生に教育実習をやらせたとき、外国人学生から「私たちはモルモットですか」と言われたという。プロの教師でない学生に連続して教えられることは、進学や就職を目指す外国人学生にとっては迷惑だからである。
 そうなると、参加する外国人学生にアルバイト代を払って、教育実習をやらせてもらうしかなくなる。その費用は日本語教師を養成する施設がまかなうのか、教員志望者が負担することになるのか。就職内定を出した日本語学校が、研修費用として負担するのか。
 教育実習を受けなければ、国家資格として認定しないというのは、教員養成の観点からは納得がいくが、ただでさえ若い人の教員志望が減る中で、人手不足にさらに拍車をかけるのではないか。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 00:00| Comment(0) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする