2019年09月22日

宇宙人をめぐる言説

 日本人には意外だが、欧米では宇宙人が実在すると信じている人が多い。しかも、UFOに乗って地球に来訪していると信じているようだ。古代文明では神々の降臨が語られるが、神々こそは宇宙人だと考えたり、人間は宇宙人の手で、類人猿に宇宙人の遺伝子を組み込んで生まれたと主張する。
 その目的は人間を奴隷として働かすためだったという。黒死病は宇宙人がまいた細菌兵器のせいだったとか、宇宙人はさらなる遺伝子操作によって、外見は人間そっくりで、心は宇宙人の第二の人類を作り上げたとか。食人の習慣があって、人類を滅亡させるために、種々の陰謀を企てているとか。ここまで来ると、妄想は止まらない。宇宙人は水銀を利用して、重力に縛られないエネルギーを獲得しているとか、四次元を利用して、時空を瞬間に移動できるとか。
 宇宙人は地球を侵略するためではなく、人間に警告を発するために来訪しているという説もある。人間も体外離脱することで、時空を超えて宇宙人と交流できるという主張もある。ロバート・モンローの開発したヘミシンクは、脳波誘導によって、それを実現可能とするツールだとされる。
 アメリカ軍も公式にUFOの存在を認め、トランプ大統領は宇宙軍を創設した。安倍首相までが、千葉県の台風被害はどこ吹く風で、宇宙作戦隊を来年創設すると発表した。あなたはついていけますか。


「青空文庫」の作家、高野敦志の世界
http://itunes.apple.com/jp/podcast/qing-kong-wen-ku-no-zuo-jia/id504177440?l=en

Twitter
https://twitter.com/lebleudeciel38

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





ランキングはこちらをクリック!

posted by 高野敦志 at 04:48| Comment(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする